使い方のコメントPerlコード

のプログラムコードが実行される。 も書いているこのコード補完します。 コンピュータとしての複雑な複雑なコードです。 ただし、コードが理解しやすい人ですることが容易であるとともに、より迅速に完了で 少ないです。

コメントのプログラムはテキストを対象に人利用します。 コンピュータを使用しない コメントです。 の目的に見直し、コードを見た。 コメントのすべての時間 プログラムのコードが人と人のコードスニペットで読み込みの審査とは 彼が容易に理解で何が起こっているかをコードです。

第二の目的は、この審査ツール開発時のコードです。 ネット環境さえあればコード あの作品である必要はないのですが、とてもすぐに必要になります。※ この場合、フラグメント のに便利でコメントアウトコードで実行コードのデバッグです。 作業が終わったら これらのコメントアウトされてい点コードいます。

シングルラインのコメント

コメント書くのPerlプログラミング言語置する必要がありますのド #. あの後、このシンボルのラインが見つかりませんでした。

シンボルの配列で初のライン:

# This is a comment
my @arr = (1..10);

ロのグリルできる隙間:

foreach my $el (@arr) {
    # One more comment
    warn $el;
}

-審査で行っている面もあるかもしれないのコード:

my @arr = (1, 2, 3); # some description for @arr
my %h; # explanation of %h

審査時書き直後にコーポンドシンボルが読みやすくございますのでご注意下さい空間後 #

#comment without a space
# comment with a space

の場合はハッシュ内の文字列ではな見直しの一環として文字列:

my $str = 'Line 1
# This is not a comment, but part of a string variable
Line 2';

設定の編集

がある場合は積極的にプロジェクトが必要であるコメントしてみます。

でとても便利な設定テキストエディターにして可能です。 例えば、 の編集の仕組みは以下のとおりです。

  • すべて強調表示を行いたいコメントアウト
  • をクリックし Ctrl+/
  • その結果、目の前のすべての行を選択したシンボルが表示され #

複数行のコメント

のコードは、Perlプログラム書き込みできます。 この特殊マークアップ言語のポッド (そのために平野の古い文書). ポッドに特に設計された 書きのテキストの中で人のプログラムのコードです。

以下に例を示しますポッドのマークアップの資料の提出方法:

=head2 get_name

    my $name = $obj->get_name();

Returns the name of the Person stored in the object.

The return value is a scalar with length >= 1 and <= 100.

=cut

sub get_name {
    my ($self, @other) = @_;

    die 'get_name should not get any parameters' if @other;

    return $self->{_name};
}

ポッドマークアップを常に等しい =、その後、スペースの方向性を指し示します. 例えば =head2=item. シンボル = についての初のです。 またま 空間をいたしません。

ポッド、マークアップは常に終了ディレクティブ =cut. 以前の文字 = にもなる。

使用複数行のコメントの一時撤廃をコード

またプロジェクトが必要となりま一時的にコメントアウトのコードはこ ご利用可能です。 前のコードしたいコメントを記述する必要があります =a, 後にコード =cut:

my $str = 'AB';

=a
foreach my $el (1..10) {
    parse_index($el);
}
=cut

すべてのことを書き間 =a および =cut を非表示にすることができますから、Perlます。

で決定できないのプログラムのコードです。 =a が変わってきているんですけどポッド指令 異なるポッドパーサ与える誤差がコードなどが含まれている誤ったポッド.

その他の記事