としてPerlにラウンドの数はもっとも近い整数値に規模を拡大するのはいつ頃になる

課題です。 Perlのプログラムが可変である。 に必要なすべての 最寄りの全体に大きます。

詳しくご紹介します。 これらすべての番号に変換する必要があ番号 11:

  • 10.001
  • 10.4
  • 10.5
  • 10.99
  • 11

このセクションの機能を利用 ceil

最良の方法この問題を解決するその機能を利用する ceil からの図書館 POSIX.

図書館 POSIX 付属Perl、その場所にはPerl、このライブラリはさらに置います。

ここではサンプルプログラム:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

use POSIX;

my $number = 10.3;

print ceil($number);

プログラムを表示数は11.

  • use POSIX; を接続して図書館の POSIX. などを接続したこのライブラリには、直ちに利用可能とな数の機能が定義されたこの図書館があります。
  • my $number = 10.3; —作成可変 $number の番号 10.3.
  • print ceil($number); 利用可能な機能 ceil 及び表示に関す。

機能 ceil (英語るこの言葉は翻訳として"天井")が一般的だったじゃないですか。 多くのプログラミング言語がある関数と同名のストアドファンクやる作品も全く同じです。

機能を搭載するほか、 ceil まだまだ機能の floor ("ジェンダー")の回数を最寄りの整数です。 Ieの場合には非負の数だけのカットオフの数です。

の場合は負の数

機能 ceil のための負の数の作品と同様に正の数—回 のもっとも近い整数値に大きます。

の場合は負の数は、この機能はそのままカットオフの数です。

これら全ての数字使用時の ceil なの -5:

  • -5
  • -5.1
  • -5.5
  • -5.9

関連する話題

その他の記事