機能 time() Perl

は、Perlプログラミング言語を搭機能 time(). この機能を返します整数値の秒数から の始まりです。 ほぼすべての現代システム の開始時間がゼロ秒、分、時間の最初の1970年 の時間帯UTC(1970-01-01T00:00:00Z). この数字といわれる timestamp.

この例ではこの特徴:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

print time();

時にはこの文書は、プログラムに 1577113985に対応する日時 2019-12-23T15:13:05Z.

引数

機能 time() 応していない論争することができます。 っている場合には、引数でエラー:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

print time(8);

ここでは、出力:

syntax error at script.pl line 3, near "(8"
Execution of script.pl aborted due to compilation errors.

精密

機能 time() (通称 CORE::time())の数を返します。全秒 初め以来の時代。 場合の精度には十分ではなく、利用できる 機能 Time::HiRes::time()、の数を返しますfloat秒数 初め以来の時代。

例るプログラムを示し、これらの機能:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

use feature qw(say);

use Time::HiRes;

say time();
say Time::HiRes::time();

サンプル出力:

1577116390
1577116390.36876

公式文書

ここでは、出力のコマンド perldoc -f time:

       time    Returns the number of non-leap seconds since whatever time the
               system considers to be the epoch, suitable for feeding to
               "gmtime" and "localtime".  On most systems the epoch is
               00:00:00 UTC, January 1, 1970; a prominent exception being Mac
               OS Classic which uses 00:00:00, January 1, 1904 in the current
               local time zone for its epoch.

               For measuring time in better granularity than one second, use
               the Time::HiRes module from Perl 5.8 onwards (or from CPAN
               before then), or, if you have gettimeofday(2), you may be able
               to use the "syscall" interface of Perl.  See perlfaq8 for
               details.

               For date and time processing look at the many related modules
               on CPAN.  For a comprehensive date and time representation look
               at the DateTime module.

その他の記事