機能 ord() Perl

は、Perlプログラミング言語を搭機能 ord(). この関数が返すのに相当する指定されたシンボルです。

次に例を示します。

▶ Run
#!/usr/bin/perl

use utf8;
use feature qw(say);

say ord('A'); # 65
say ord('1'); # 49
say ord('Ж'); # 1046

引数

場の機能 ord() など他の引数の機能が動作し デフォルトの変数 $_:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

$_ = 'a';

print ord(); # 97

標準この機能にちょうど一文字です。 この場合、この関数の返却値のシンボルです。 場の機能 ord() へのパスから構成される文字列を数字に戻ります の数値の最初の文字:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

use feature qw(say);

say ord('a'); # 97
say ord('abcdef'); # 97

場の機能 ord() パスを一つ以上の引数でエラー:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

print ord('a', 'b', 'c');
Too many arguments for ord at script.pl line 3, near "'c')"
Execution of script.pl aborted due to compilation errors.

の場合,渡 ord()は 空の文字列に関数を返し番号 0:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

print ord('');

Unicode

ここではサンプルプログラムについては、同一シンボル機能 ord() 返される値が異な:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

use feature qw(say);

say ord('Ъ');

use utf8;

say ord('Ъ');

プログラムを表示:

208
1066

最初の呼び出 ord('Ъ') で返します208. このように ord() を引数として単一の文字が文字列としてのバイト 208 170 を返しま番号の最初の文字をこの文字列になります。

その後 use utf8; perlると考えるコードが符号化された utf8ord() か、その引数の文字列として二つの文字を文字列として 単一文字です。 び値を返します 1066.

公式文書

ここでは、出力のコマンド perldoc -f ord:

    ord EXPR
    ord     Returns the numeric value of the first character of EXPR. If
            EXPR is an empty string, returns 0. If EXPR is omitted, uses $_.
            (Note *character*, not byte.)

            For the reverse, see "chr". See perlunicode for more about
            Unicode.

その他の記事