機能 log() Perl

は、Perlプログラミング言語を搭機能 log().

機能 log() を返しまの自然対数を指定します。

次に例を示します。

▶ Run
#!/usr/bin/perl

print log(10);

プログラムを表示 2.30258509299405.

引数

この機能は log() 与えられない引数の機能が動作 デフォルトの変数 $_:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

$_ = 3;

print log(); # 1.09861228866811

標準使用 log() が通過する単一の引数に使います。

場合、転送機能 log() 以上では一つの引数ではエラーコード実行を停止いたします。

Too many arguments for log at script.pl line 3, near "2)"
Execution of script.pl aborted due to compilation errors.

を行なったとき、計算の自然対数のゼロエラー:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

log(0);
Can't take log of 0 at script.pl line 3.

戻り値

機能 log() で返します。

その他の理由

機能 log() を返しまの自然対数関数、対数ベース e. したい場合は計算の対数値を他の拠点、そのまま書く 機能:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

use strict;
use warnings;
use feature qw(say);

sub log_base {
    my ($base, $n) = @_;

    return log($n)/log($base);
};

say log_base(2, 4); # 2
say log_base(2, 256); # 8
say log_base(10, 1000); # 3

公式文書

ここでは、出力のコマンド perldoc -f log:

    log EXPR
    log     Returns the natural logarithm (base *e*) of EXPR. If EXPR is
            omitted, returns the log of $_. To get the log of another base,
            use basic algebra: The base-N log of a number is equal to the
            natural log of that number divided by the natural log of N. For
            example:

                sub log10 {
                    my $n = shift;
                    return log($n)/log(10);
                }

            See also "exp" for the inverse operation.

関連する話題

その他の記事