機能 exp() Perl

は、Perlプログラミング言語を搭機能 exp().

機能 log() を返しますベースの自然対数を、指定された電力:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

use feature qw(say);

say exp(0); # 1
say exp(1); # 2.71828182845905
say exp(2); # 7.38905609893065
say exp(3); # 20.0855369231877

引数

この機能は log() 与えられない引数の機能が動作 変数 $_:

この例では、変数 $_ を含む undefの作品と全く同じ log(0)を返します 1が また、警告が表示され Use of uninitialized value $_ in exp at script.pl line 6. このコードがライン use warnings;:

▶ Run
#!/usr/bin/perl

use strict;
use warnings;

print exp();

標準使用 exp() が通過する単一の引数に使います。

場合、転送機能 exp() 以上では一つの引数ではエラーコード実行を停止いたします。

Too many arguments for exp at script.pl line 3, near "2)"
Execution of script.pl aborted due to compilation errors.

戻り値

機能 exp() で返します。

公式文書

ここでは、出力のコマンド perldoc -f exp:

    exp EXPR
    exp     Returns *e* (the natural logarithm base) to the power of EXPR.
            If EXPR is omitted, gives "exp($_)".

関連する話題

その他の記事