機能 atan2() Perl

は、Perlプログラミング言語を搭機能 atan2(). を主な目的と機能の変換から直交座標系極性.

次に例を示します。

▶ Run
#!/usr/bin/perl

print atan2(321, 100);

このプログラム表示 1.26879861219712.

引数

my $value = atan2($y, $x);

引数Perl機能 atan2() —二番号

場の機能 atan2() など、他の引数は正確に一つの引数でエラー:

Not enough arguments for atan2 at script.pl line 3, near "atan2()"
Execution of script.pl aborted due to compilation errors.

この機能は デフォルトの変数 $_. る必要がある場合にはご利用い、それを明示的に渡される機能 atan2($_, 1);

場の機能 atan2() で二つ以上の引数は、エラー:

Too many arguments for atan2 at script.pl line 3, near "3)"
Execution of script.pl aborted due to compilation errors.

戻り値

機能 atan2() で返します。 atan2($y, $x) を返しますarctangentから $y/$x. の範囲を指定できる値は π、すなわち、 -3.141592653589793.14159265358979.

公式文書

ここでは、出力のコマンド perldoc -f atan2:

    atan2 Y,X
            Returns the arctangent of Y/X in the range -PI to PI.

            For the tangent operation, you may use the "Math::Trig::tan"
            function, or use the familiar relation:

                sub tan { sin($_[0]) / cos($_[0])  }

            The return value for "atan2(0,0)" is implementation-defined;
            consult your atan2(3) manpage for more information.

            Portability issues: "atan2" in perlport.

関連する話題

その他の記事